国家試験を受けて立派な仕事に就きましょう。

専門職である司法書士になるために様々な法律の勉強

魅力多き資格

司法書士の人気と魅力。

司法書士の資格には長年高水準の人気を保っていますし、安定性や高収入がその魅力になっているのではないでしょうか。また、女性にとっても肉体労働ではないので、取り組みやすい業種の業務内容だともいえます。そして、実際にも、かなりの数の女性司法書士が活躍しています。資格取得のためには予備校に通う人が多いのではないでしょうか。また最近の法科大学院からこちらを目指してくる人たちもいらっしゃると思います。司法書士の業務内容もだんだん拡大していてすそ野が広がっているので、受験希望者も多く、それなりの予備校であると、費用も高くなっていきます。では独学ではむりかというとそうではありません。一定水準を保てていれば、独学でも合格は可能です。多くの社会人からの合格者はほとんど独学にて合格しています。

独学でも十分可能である。

司法書士といいますと以前であれば登記事務だけでほぼ業務が成り立つようなイメージがありましたが、現在では、後見人に関する広範な事務や一定額まで可能な裁判の代理事務など、以前とはまったく比べ物にならないほどの業務拡大を達成してきています。これはこれからも続きそうな勢いです。それに司法書士数も増大してきていて、身近な市民への司法サービスの提供者として期待を担っています。独学の範疇には司法書士事務所で事務員として働きながらという人たちもかなりいらっしゃいます。彼らは補助者として仕事を見てきているので、即戦力ともなります。コスト面だけで見ても、このような司法書士事務所での独学は大いにメリットがあるものです。