国家試験を受けて立派な仕事に就きましょう。

専門職である司法書士になるために様々な法律の勉強

資格を取る

資格取得のための勉強方法について

危険物乙4資格はガソリンや灯油、軽油などの引火性液体を扱うことの出来る資格でガソリンスタンドで働く人やガソリンを輸送するローリーに乗務する人、製造企業で幅広く使用されている有機溶剤を取り扱う人達には必須の資格となっています。そのため危険物の中でも乙4が最も受験者数の多い資格となっています。危険物乙4資格を持っているとガソリンスタンドでアルバイトとして働く場合、時給をアップしてもらえたりする特典があります。危険物乙4試験の勉強法としては最も多いのが市販の参考書と問題集を購入して独学で勉強する人が多いです。他には通信講座を利用して確実に合格を目指す人もいます。合格率は30%程度と決して高くはありません。

危険物試験対策について

危険物乙4試験の科目は法令と物理・化学、火災予防・消化方法についての試験からなります。法令と火災予防などは法律を覚えれば対応できる問題なので毎日少しづつ暗記していけば大丈夫なのですが、物理・化学を苦手としている人は多いです。学生のころからこれらを苦手としていた人は多いためですが、乙4試験で出題される問題は基本的なものなのでこれも参考書などにのっている内容を抑えておけば対応できます。しかし計算問題も出題されるので練習しておく必要があります。過去問や問題集にのっている問題を反復練習しておけば大丈夫です。物理・化学の分野が参考書を読んでも理解できない人は中学や高校の教科書を一度見てみるのも良いです。